2009年09月30日

台所の雑紙(ざつがみ)を紙袋に

台所で出る、紙資源は雑紙(ざつがみ)として紙袋.JPG

紙資源になります。ゴミではありません。

包装紙、食品の紙箱、ラップの箱、テイッシュの箱、

すべて紙資源です。

今回の紙袋は小さかったので、約一か月で

いっぱいになりました。

紙ひもで縛り、資源回収日に出します。

小さな紙も紙袋に入れれば、便利です。




posted by 三春のおかみさん at 23:55| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

もったいない50の実践ーその38

マイバック(買い物袋)を持参して、レジ袋を断りましょう。

マイバック.bmp

三春町商工会女性部では、10年前から

マイバック運動を実行してきました。

使いやすいマイバックの製作。

レジ袋分をお客様へ還元(環境チケット)。

そして

今年になって、全国的にレジ袋の無料配布中止

が行われています。

最近の環境問題が影響しているとはいえ、

結果として、レジ袋のごみが確実に減っています。








posted by 三春のおかみさん at 08:38| 『もったいない50の実践』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

ガラス製品の包装資材

宅配便でガラス製品が送られてきた。プチ1.JPG

緩衝材にプチプチが使われている。

落としても割れないように、すき間に

緩衝材として、空気の入ったビニール袋

などもある。

分別表示を見ると、プチ2.JPG

プラ.jpg緩衝材、袋、ラベル

と書いてある。

ラベルは紙だと思ったがプラなのか?







posted by 三春のおかみさん at 00:00| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

宅配用の袋の分別

宅配用の袋に資源マークがあるかどうか宅配1.JPG

調べてみた。

ありました、底の部分に小さな紙マーク。

その他にも何やら三種のマークがあります。

左から、雨に注意、われもの、上部の方向かな。

なんとなくそんな気がする。宅配2.JPG

捨てずに紙資源として、分別しましょう。







宅配3.JPG










posted by 三春のおかみさん at 01:35| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

千両箱はテイッシュBOX

サービス品として、もらった千両箱。DSC00905.JPG

かなり、リアルにできている。

テイッシュかな?

と思ったらやっぱりそうだった。

紙001.jpg紙資源マークは印刷されているが、

側面に分解するためのミシン目がない。DSC00906.JPG

でも、良く見たら、取り出し口にフィルムがなかった。

使用後は、すべて紙資源になる。









posted by 三春のおかみさん at 00:00| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

マイバック4つのルール

町内のスーパーの店頭に福島県、福島県警察のポスター09110001.JPG

が貼ってあった。

〜マイバック利用の際にはマナーを守りましょう〜

@買い物中はマイバックを折り畳んでおきましょう。
    (マイバックは買い物かごの中に)

A商品は店備え付けの買い物カゴに入れましょう。

Bマイバックはレジが済んでから使いましょう。

C買い物カゴは決められた場所に戻しましょう。


レジ袋無料配布中止により、万引きが多くなっている。

マイバックのマナーを守ろう。





posted by 三春のおかみさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マイバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

もったいない50の実践ーその37

ごみの分別は徹底的に行いましょう。

ゴミ.bmp

混ぜればごみ、分ければ資源。

分別収集が始まってから、かなり経過し、

分別も徹底したように思われるが、

まだまだ資源ごみが、焼却ごみに

混ざっている。

紙資源、きれいなプラ資源など、

捨てる前にもう一度確認しよう。




posted by 三春のおかみさん at 00:00| 『もったいない50の実践』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

お酒の包装を風呂敷で

福島空港の売店では、福島の名産品をたくさん09120001.JPG

売っている。

売店を見ていたら、お酒のコーナーに

風呂敷で包装したお酒が売られていた。

風呂敷としても再利用できるし、とても

かわいい。







posted by 三春のおかみさん at 20:06| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

空港喫茶室のリュース箸

所属する団体の研修会に行くため福島空港を09120002.JPG

利用した。待ち時間に喫茶室へ行った。

出てきたお箸はワリバシではなくリュース箸だった。

最近、このリュース箸を良く見かける。

マイ箸ブームもあり、抵抗なく受け入れられるように

なったのだろう。

割りばしは結局焼却ごみになる。







posted by 三春のおかみさん at 22:28| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

くすりやさんの小さな紙袋

薬やさんでカットバンを買った。薬屋さんの袋001.jpg

「袋はいりません」、と言う前に入れてくれたので

そのまま持ち帰った。

小さな紙袋なので、資源マークはないだろうと

思って、底部を見たら、小さな紙資源マークが

印刷してあった。

紙袋丸ごと紙資源で資源として出そう。薬屋さんの袋002.jpg

小さな紙は紙袋を利用すると便利です。








posted by 三春のおかみさん at 00:00| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

ホテルのエコ活動

ホテルに泊まった時、エコカードがあった。DSC00876.JPG

連泊のお客さんへ、寝具リネン(シーツなど)類の

交換を辞退する場合は、このエコカードをベッドの上に置いて

出かけて下さい。
と書いてある。

一日では汚れないし、交換しなくてもあまり支障は

ない。

洗剤、水、電気など、もったいない。

このホテルのスローガンは

出来る事から始めるエコ    だそうです。

エコホテル目指して、がんばってください。

ドイツのエコホテル ヴィクトリア





posted by 三春のおかみさん at 00:00| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

もったいない50の実践ーその36

紙はリサイクルしましょう。

紙はリサイクルしましょう.bmp

新聞、雑誌、段ボール、雑紙(ざつがみ)、紙パックなど、

同じ紙でも種類ごとに分けると、リサイクルの質が

高まる。

混ぜればごみ、分ければ資源。

包装資材の紙資源は焼却ごみとして捨てがちです。

紙マークが付いている紙は燃やさず資源として

分別しましょう。






posted by 三春のおかみさん at 00:00| 『もったいない50の実践』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

高速SAのホットドック

台所のゴミ箱にホットドックの箱がホットドック001.jpg

捨ててあった。中には紙クズが2ケ。

息子が納品に行った帰りにサービスエリアの

自販機で買って食べたのだろう。

裏の分別マークを見たら

紙001.jpg箱、内袋ホットドック002.jpg

と書いてある。ホットドックを食べた後は

すべて紙資源になる。

内袋もきれいな様子だったが、くしゃくしゃだったので

箱だけを紙資源として分別した。

ホットドック003.jpg









posted by 三春のおかみさん at 23:39| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

プラ容器のシールの分別

くだものが入っていたプラ容器。プラゴミ 001.jpg

プラ.jpgプラ資源マークが凸表示されている。

汚れていないからそのままプラ資源へ。

シールが2枚貼ってあるが、はがすべきか?

三春町のプラ資源はすべて、フラフとして

焼却灰を焼く燃料として利用されるので、プラゴミ 002.jpg

シールの紙はそのままでOK。

軽い汚れは、水洗いして、乾かす。

腐敗臭がしそうな汚れたプラ資源は焼却ごみへ。






posted by 三春のおかみさん at 00:00| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

ドイツーキッチンごみの堆肥化

ドイツのカールスルーエ市では、各家庭のキッチンゴミを搬入Img_1126.jpg

堆肥化していたが、耐えられない悪臭だった。

我が家の生ごみはEMのおかげで、悪臭もコバエも

ないが、行政として生ごみを回収し、リサイクル

する時、ネックは悪臭だ。

又、出来上がった堆肥を誰が利用するかも課題である。IMG_1144.JPG

農産物に利用してもらう場合、キッチンごみは嫌われる。

生ゴミに洗剤などの異物が混入しているからだ。

カールスルーエ市も花などの観賞用の植物に

利用していた。

三春町の堆肥センターは家畜の糞尿等で作られ、

キッチンごみは入っていない。








posted by 三春のおかみさん at 00:00| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする