2008年09月04日

ドイツのレジ袋は有料でも無料の袋も

ドイツのデパートやお土産屋さんなどは、無料で無料のレジ袋IMG_1029.JPG

包装したり、紙袋などに入れてくれます。

しかし、生活用品を売るスーパーなどはレジ袋は有料です。

代金を支払うレジに有料の袋が置いてあります。

各種の袋は商品として扱われているわけです。

ある地方都市のスーパーへ行った時、日本で良く見かける

レジ袋がぶら下がっていました。

これは、野菜や果物を買う時に入れる無料の袋です。IMG_1059.JPG

日本のように袋詰めやパック詰めをしないので、

買う分だけ入れる袋が必要なのです。

日本では、お豆腐売り場やお魚売り場にポリ袋が

おいてあります。それと同じ目的の袋です。











posted by 三春のおかみさん at 11:26| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

ドイツのスーパー

ドイツの小さな田舎町のスーパーは、段ボールで入荷したIMG_1169_1.JPG

そのままをドーンと積んであります。

そこから必要な分をカートに入れてお買い物をします。

日本の安売りスーパー的な雰囲気でした。

写真の女性は、農家民泊した家のママです。



右下の写真は、ドイツの30万都市のスーパー。カールスルーエのスーパーのくだもの.JPG

街中にあるスーパーなので、観光客も入店します。

きれいに陳列されていて、さすが田舎とは違います。

私たちは、ラップがけやビニールに入っている商品

を見慣れているので、とてもきれいで、おいしそうに感じました。




posted by 三春のおかみさん at 20:35| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

ドイツエコホテルの朝食

2005年のドイツ研修でエコホテルに宿泊しました。IMG_0939.JPG

フライブルクのホテルビクトリアはエコホテルです。

エネルギーは化石燃料を使用せず、

屋上に太陽パネルを設置し

残りは風力発電の電気を買っています。

朝食バイキングの、バタやージャムなどは

小さなガラスの小鉢に取り分けます。IMG_0967.JPG

個別のバターやジャムの包装容器のごみは出ません。



posted by 三春のおかみさん at 23:57| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

ドイツの紙袋

ドイツのスーパーマーケットなどは、IMG_0552_1.JPG

レジ袋が有料ですが、デパートや

お土産やさんなどは、包装紙やレジ袋は

無料でもらえます。

写真の紙袋は、ある農場の売店の袋です。

レジでお金を支払った後、マイバックがない人は

無料でもらえます。出口付近に置いてありました。



posted by 三春のおかみさん at 21:27| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

ドイツのお弁当

ドイツの研修先の都合でお弁当を持ってIMG_0576.JPG

出かけた日がありました。

ドイツのホテルのお弁当はどんなものだろう。

と興味がありました。

素朴なパンにチーズを挟んだものが2個。

果物が2個、紙パックの飲み物、ゆで卵1個

それらが紙袋に入ったものがお弁当でした。



posted by 三春のおかみさん at 21:31| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

ドイツのスーパーのマイバック

ドイツのスーパーマーケットは、レジ袋が有料です。2008-6-15 002.jpg

レジの前に商品として、売っています。

写真は繰り返し使える布製のマイバックです。

模様はお店によって違いますが、大きさやデザインは

どこのスーパーも同じでした。

1枚0.5ユーロ、約70円です。




posted by 三春のおかみさん at 00:00| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

この草原の下には?

ここはドイツの草原のように見えますがIMG_1243.JPG

住宅地のすぐそばです。

実は、この下に高速道路が通っています。

ドイツには「緑地置換」という決まりがあり、

森や草原等の緑地を宅地などに開発した場合、

そこにあった緑を別の形で補わなければなりません。

高速道路ができたこの場所には、騒音防止を兼ねて

全長600m位のトンネルを作り、その上に4m程の土を盛り、

市民の憩いの場として利用されています。

右はその高速道路に入るところです。IMG_1278.JPG

ここに緑の憩いの広場があるなんて、想像できますか?




posted by 三春のおかみさん at 11:19| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

ドイツのスーパー 段ボール

ドイツのスーパーはレジ袋が有料です。IMG_1024_1.JPG

マイバックを持ってなかったり、量が多くて入らない

場合は、スーパーの片隅に置いてある

段ボールを利用します。

これは日本と同じです。

この他、古新聞紙が置いてありました。



posted by 三春のおかみさん at 11:02| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

飲み物はリターナルびん

2005年のドイツ研修で12カ所を視察しましたがImg_1101交通連盟レクチャー003.jpg

どこに行っても、飲み物はビンでした。

容器もゴミになる紙コップなどではなく

ガラスのコップです。

右はカールスルーエ市の交通連盟で

レクチャーを受けている写真です。

自動車を市街地に乗り入れない工夫

が結果的にCO2削減になった例です。







posted by 三春のおかみさん at 16:22| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

ドイツのレジ袋有料化とマイバック

ドイツでお買い物をすると、デパートやお土産屋さん

は無料で包装してくれますが、生活用品を売るお店

やスーパーは有料です。レジの手前に袋が商品として

置いてあり、マイバックを持参しない人はこれを買います。


田舎のスーパーのビニール袋 0.09ユーロ

009rezidai.jpg

カールスルーエ市のスーパー 布マイバック0.5ユーロ ビニール袋 0.25ユーロ

スーパーマイバック50セントレジ袋25セント.JPG

カールスルーエ市のエコスーパー 布マイバック0.5ユーロ ビニール袋 0.25ユーロ 

紙袋0.1ユーロ

00018有料レジ袋.jpg

紙袋が安いのは、リサイクルできるためです。


posted by 三春のおかみさん at 01:14| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

ミュンヘン市のリサイクルセンター

130万都市のドイツ、ミュンヘン市では、IMG_0452_2.JPG

三春町で区別している燃えないゴミの類は

市内十数か所にあるリサイクルステーションに

持ち込みます。

ミュンヘン市民であれば無料です。

私たちが見学している時に000IMG_0455_2.JPG

板材をライトバンで持ち込んできた人がいました。

持ち込めない人(老人や、車のない人)は

どうするのかを聞きましたら、有料で引き取り

はできるが、ほとんどは近所の人や、親戚の人が

面倒をみてくれます。とのことでした。

ボランテイアの気持ちがあるのですね。








posted by 三春のおかみさん at 01:01| Comment(0) | ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

ドイツの風景

ドイツを移動するとき車窓から見るIMG_0686.JPG

景色はとても素敵です。

日本と何が違うのかを考えたら、看板でした。

ガイドさんに聞きましたら、法規制があり、

目に入るものだけでなく、音も規制されているそうです。



posted by 三春のおかみさん at 00:00| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

ドイツ 線路の緑化

ドイツは緑を大事にします。IMG_1272.JPG

屋上緑化、空中緑化、そして、鉄道の線路も

緑化されていました。熱い夏などは

照り返しがない分温度が上がらない。

そして、鉄道の走行音も緩和されます。





posted by 三春のおかみさん at 19:18| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

ドイツ 空中緑化

ドイツは緑を大事にします空中緑化002.JPG

屋上を緑化する屋上緑化

そして、建物と建物の間を緑化する

空中緑化です。

暑さをさえぎり、景色も変わります。

中世の建物とマッチし、癒されます。



posted by 三春のおかみさん at 23:51| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

ドイツ リサイクルステーション

ドイツミュンヘン市のリサイクルステーションに

市民が燃えないごみを持ち込みます。01リサイクルセンター.JPG

焼却ごみ、バイオごみ、紙資源、食品容器

以外のものすべてです。

家電なども無料で受付ます。

有料化は不法投棄につながるので

すべて無料で受け付けます。

ほとんどがリサイクルされています。







posted by 三春のおかみさん at 22:30| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

どちらを選びますか。

IMG_0450_3.JPG

ドイツミュンヘン市の研修先、リサイクルステーション

でのことです。「あなたが書類に黄色の線を引くとしたら、

色鉛筆と蛍光マーカーのどちらを買いますか?」

と尋ねられました。

使い終えたときゴミにならないものを選んでください。

と言われました。最終的に残るものはゴミになるのです。




posted by 三春のおかみさん at 18:14| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

ドイツの屋上緑化

ミュンヘン市の清掃局を訪問した時にIMG_0439_2.JPG

最上階から下を撮った写真です。

ゴミ収集車を洗浄する建物です。

焼却ごみ、バイオゴミ(たい肥)、

紙資源の3種類を同じ収集車で回収するため、

内部をきれいに洗浄します。IMG_0434.JPG

屋上が緑化されていました。





posted by 三春のおかみさん at 21:15| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

靴の回収ボックス

履きつぶした靴は、ごみとして処分されますがIMG_0474_2.JPG

足のサイズが合わずに捨てる靴はもったいないです。

三春町は衣類のような資源回収はありませんから、

捨てるしかありません。

ドイツミュンヘン市では、燃えないゴミを持ち込む

リサイクルステーションに靴の回収ボックスが

あります。発展途上国に送るそうです。




posted by 三春のおかみさん at 20:20| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

ドイツ 飲み物の容器のお値段

014-1ペットの飲み物値段は65セントデポは25セント.JPGドイツの飲み物の容器は法律で72パーセント以上は

リターナルビンを使用することになっています。

私達が日常お世話になっているペットボトルを

探したところ、スーパーにありました。

でも1回で捨てるボトルではなく、

何度も繰り返し使用できるように厚くなっています。014--2ペットの値段.JPG

でもこの容器を消費者はあまり買わずビンの商品を買います。

写真の飲み物は65セントですが、容器代は25セントです

全体の価格に対し、容器の値段の割合が高いのです。

いくらビン代があとで戻ってくると言っても、

最初に支払うお金は少ないほうが良いようです。







posted by 三春のおかみさん at 18:25| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

ドイツのレジ袋有料化

ドイツの小売店やデパートなどでは018有料レジ袋.jpg

レジ袋や紙袋は無料でもらえます。

でも日用品を売るスーパーはレジ袋が有料です。

写真のようにレジの直前に有料の袋が置いてあり、

マイバックを持参しない人は袋も商品のひとつとして買うのです。

紙袋、ビニール袋、布製のマイバック、

保冷袋など、用意されています。

値段は紙袋と布が思ったより安いのは、

紙は再生できるし、布は再利用するからです。

ビニールはゴミになるため、値段が高く設定されています。
posted by 三春のおかみさん at 19:30| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする