2008年05月01日

ミュンヘン市のリサイクルセンター

130万都市のドイツ、ミュンヘン市では、IMG_0452_2.JPG

三春町で区別している燃えないゴミの類は

市内十数か所にあるリサイクルステーションに

持ち込みます。

ミュンヘン市民であれば無料です。

私たちが見学している時に000IMG_0455_2.JPG

板材をライトバンで持ち込んできた人がいました。

持ち込めない人(老人や、車のない人)は

どうするのかを聞きましたら、有料で引き取り

はできるが、ほとんどは近所の人や、親戚の人が

面倒をみてくれます。とのことでした。

ボランテイアの気持ちがあるのですね。








posted by 三春のおかみさん at 01:01| Comment(0) | ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。