2008年03月04日

ドイツ ミュンヘン市の焼却場

ドイツミュンヘン市はドイツの地方自治体で1−01ごみ回収車001.JPG

一番大きな市で、人口約130万人。

分別収集をする前は、焼却場が3箇所でした。

分別収集開始後は2箇所になった。

焼却場が1箇所減るほど、徹底した分別収集をして、9回収箱80リットル用.JPG

リサイクルしていることになる。

私が感じた、その理由の一つは、焼却ごみの費用が高い。

80リットルの焼却ごみの収集料金が約800円。

三春町の燃えるごみの費用にすると、32枚分。

我が家なら4ヶ月はもつ。

しかし、焼却ごみ意外のものは、すべて無料で回収する。

分別をすればするほど、費用がかからないことになる。





posted by 三春のおかみさん at 19:34| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする