2009年10月17日

乾燥剤の分別

食品の乾燥剤は、一種類ではない。乾燥剤.JPG

石灰成分のもの、シリカゲルのようなもの。

分別も種類により変わるため、

燃えないゴミとして分別し、専用袋にいれて出す。

回収したら、個々の袋を開封し、作業員の方が分けるようだ。

燃えるゴミとして、焼却しても良いと思うのだが、

三春町は、燃えないゴミとして分別している。

人手をかけても事故のないように、正確に処理するためらしい。






posted by 三春のおかみさん at 00:00| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする