2009年01月14日

ドイツ ミュンヘン市のゴミ分別

ドイツの130万都市のミュンヘン市民のゴミの捨て方3方法

@ 家庭から出る、紙、バイオごみ、焼却ごみの3種類の容器がIMG_0560_1.JPG

  各家庭の敷地内に置いてある。

  市の職員が早朝、容器を回収車まで運ぶ。
  
  費用負担は焼却ごみの分だけ市へ支払う。

  費用は80リットルの容器で1回約800円。

  分別を徹底すれば、焼却ごみが減るので、費用も減る。

  回数は各家庭で決める。IMG_0559.JPG

A 容器包装類のゴミで商品にグリーンマークがあるものは

  市内1050カ所(200メートルの範囲)にある

  ステーションに入れに行く。

  費用は、商品製造メーカーがDSD社に支払うため無料。

B それ以外のゴミは市内に17カ所あるリサイクルセンター

  に持ち込む。持ち込む場合は無料。IMG_0478.JPG

以上のような徹底した分別で、ミュンヘン市に3か所あった

ゴミ焼却場が2か所になった。

市民の自己負担は家庭の焼却ごみだけなので、

不法投棄もない。

もし、あれば厳しく罰せられる。




  
posted by 三春のおかみさん at 09:14| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする