2008年09月04日

ドイツのレジ袋は有料でも無料の袋も

ドイツのデパートやお土産屋さんなどは、無料で無料のレジ袋IMG_1029.JPG

包装したり、紙袋などに入れてくれます。

しかし、生活用品を売るスーパーなどはレジ袋は有料です。

代金を支払うレジに有料の袋が置いてあります。

各種の袋は商品として扱われているわけです。

ある地方都市のスーパーへ行った時、日本で良く見かける

レジ袋がぶら下がっていました。

これは、野菜や果物を買う時に入れる無料の袋です。IMG_1059.JPG

日本のように袋詰めやパック詰めをしないので、

買う分だけ入れる袋が必要なのです。

日本では、お豆腐売り場やお魚売り場にポリ袋が

おいてあります。それと同じ目的の袋です。











posted by 三春のおかみさん at 11:26| ドイツの循環型社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする