2008年06月07日

紙コップの資源化

再生できる容器包装の紙類には、紙資源マークが11002.JPG

付いています。でも汚れているものは再生できません。

再生できない紙には、感熱紙、カーボン紙、紙コップ

麺類容器などがあります。再生工場によっては、再生可

として回収しているところがありますが、製紙メーカーなどは、

再生紙の品質に影響があるとして、分別するよう指導しています。

写真は映画館で飲んだコーヒーの紙コップですが、持った時

熱くならないように発泡材のようなものがついていました。

マドラーは木でした。ふたはプラのようですが、マークは

ありません。すべて焼却ごみでしょうね。








posted by 三春のおかみさん at 00:00| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。