2016年06月08日

A4コピー用紙の箱の利用

A4コピー用紙の入っていたダンボールが空いた。A4箱利用.JPG

ダンボールのリサイクルに出そうかと思ったが、

これを利用して雑紙(ざつがみ)をストックする

ことにした。

ミスコピーや色々な雑紙は、大きさがさまざまで

そろえるのに面倒だった。

最初にまとめるための紐を入れておけば、リサイクルに

出す時に縛って持ち上げれば、揃える手間が省けて非常に便利。




posted by 三春のおかみさん at 20:15| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

竹林のエコ活動

竹林を維持・管理するためには枯れた竹の処分や竹林002.JPG

適当な密度を保つために、竹を伐採しなければ

ならない。

廃棄する竹は現場で、処理するしかないため

枝落としや定尺に竹を切る作業が欠かせない。

ゴミをコンパクトに処理するため、

現場で手に入る材料で、

処理用の竹枠を作り、そこに廃棄し

自然に戻るように心がけている。


posted by 三春のおかみさん at 10:34| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

タケノコの収穫

毎年、美味しい筍を食べるためには竹林作品.JPG

竹林の管理・維持が欠かせない。

毎年の手入れのおかげで

今年も美味しい筍を食べることができた。

食べきれない分は、冷凍や瓶詰めで保存した。

今年は、非常に豊作で4月10日から5月末まで

かなりの量を収穫した。

春のめぐみに感謝。



posted by 三春のおかみさん at 10:24| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

タケノコ ひめかわ 捨てずに保存

DSC05019.JPGタケノコはこの時期にたくさん採れるが、

すべて食べつくすのは不可能だ。

ゆでてから部位ごとに冷凍したり

瓶ずめで保存している。




DSC05022.JPGしかし、穂先のまわりのひめかわは、

冷凍すると柔らかくなりすぎて

食感が非常に悪い。

ひめかわは、瓶ずめ保存しかできないので

今年は多めに保存した。

我が家はひめかわの味噌汁、親子丼、梅肉和えが大好き。

季節外れに楽しめそうだ。


1本のタケノコからかなりの量のひめかわがとれます。
捨てずにおいしく食べましょう。

たけのこ姫皮の切り方















posted by 三春のおかみさん at 14:14| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

絵とうろう祭り開催

8月15日と8月16日に絵とうろう祭りが開催されました。絵とうろう碑前.JPG

三春町立小学校の皆さんが描いた可愛い絵とうろうが

大町商店街と桜川沿いに並びました。

牛乳パックとは思えないほどきれいです。

今年は秋田の関係者からもたくさんのとうろうを

いただきました。

河川改修の関係で百杯宴の碑の前は立ち入り禁止とし

とうろうだけを並べました。絵とうろう全景.JPG

あいにくの雨で、消えてしまったとうろうがありますが

それでも素晴らしい明かりでした。

三春町立小学校の皆さん、ボランテイアで並べてくれた

田村高校の女子生徒の皆さん、本当にお世話に

なりました。






 *
posted by 三春のおかみさん at 13:55| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

フラフが不足しています。

フラフ.bmp








三春町の広報8月号にフラフが不足しています。

の記載があった。

これを読んだ町民はどんな行動をするだろう。

@フラフの意味がわからない人は、記事を読まない。

A汚れたままプラごみに入れていた人は、洗って乾かすようになる。

B面倒で焼却ゴミにしていた人は、洗って乾かし、プラごみにする。

こんなところか。いや、そうではない。

3年間のプラごみの量の推移をみるとかなり減少している。

ということは、洗って乾かす手間が面倒で焼却ゴミにしている人が多くなった

と想像できる。私もその一人だから。

もっと問題なのは、39%のプラごみが、汚れてフラフにならない事実だ。

この数字をもっとアピールし、自分が分別しているプラごみは

フラフとして合格なのか、不合格で燃やされてしまうのか、認識する必要がある。

プラごみを出しているほとんどの人は合格だと思っているに違いない。

ではどうするか。

他町村のプラごみは○○%がフラフとして利用できますが、

三春町は61%しか利用できません。もう一度捨てる前に確認しましょう!


これでどうだろう。100点だと思って分別している人の心に響くと思うのです。

1あ2008-3-4 018.jpg


フラフとして利用するためのプラゴミ分別法







posted by 三春のおかみさん at 09:08| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

牛乳パックで絵とうろう準備

今年の絵とうろう祭りは、三春町内の小学生にDSC03935.JPG

絵を描いてもらうことになりました。

その材料を作るため、田村高校の生徒さんに

ボランテイアで協力していただきました。

暑い中、皆さんありがとうございます。

現在、各小学校で絵付け作業中と思います。

可愛い絵が出来上がるのが楽しみです。








posted by 三春のおかみさん at 09:06| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

割らない割り箸

ファミリーレストランでランチメニューを食べた。110616_1243~01.JPG

何気なく袋を破いて取りだした割り箸が、何か変?

素材はまさしく木だが、感触が違う。

一本ごとに先端まで丁寧に仕上げてある。

特に先端部が丸くなっていて口に入れた時

の感触がとても良い。

袋にこんなことが書いてあった。


私たちは森林資源を大切にします。

杉の建築材として使用しない部分を 

”お箸”として有効活用しています。



塗り箸よりも、普通の割り箸よりも、

使用感は抜群だ。 でもゴミになるナ〜。






posted by 三春のおかみさん at 08:58| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

段ボールとざつがみは同種類

紙類は、新聞、雑誌、段ボール、雑紙(ざつがみ)110428_1449~01.JPG

と大きく4種類に分別していた。

家庭で保管していた紙類を急いで片付けるために

三春町のゴミ回収場に持ち込んだ。

量が多かったせいか、大型コンテナに

直接入れるように指示された。

しかし、コンテナは新聞、雑誌、段ボールの3か所。110428_1445~01.JPG

雑紙(ざつがみ)はどこ?

見回してもだれもいない。そこへ係の女性が登場。

「これは焼却ですね。」

エッ! ここまで分別して燃やされてなるものか!

それから、今までの三春町のごみ分別の話をする。

なんとか納得してもらったが、さてどのコンテナへ?

その時、トラックの裏に回収業者のお兄さん発見。

彼に、「雑紙(ざつがみ)は段ボールです。」

と言われ、一件落着。 

いつも感じる事だが、役場のゴミ分別の周知と

現場作業員の認識の違いはどうすりゃ良いのさ!

真面目に分別している町民の為にもどうにかして欲しい。











 
posted by 三春のおかみさん at 09:49| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

雑紙(ざつかみ)

台所の雑紙用の紙袋が満杯になり110428_1422~01.JPG

紙紐で束ね、紙資源に出す準備ができた。

結構重いので、計量してみたら4kg。

トイレットペーパー1パック(12ケ)を作るのに、

古紙なら2.2キロ必要なので、

この雑紙で22ケのトイレットペーパーが

できる計算だ。

a紙.jpg台所でゴミを捨てる前に紙資源マーク

に注意し、分別しよう。










posted by 三春のおかみさん at 10:04| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

紙の資源回収でトイレットペーパー

資源ごみの回収が月に2回ほどあるが、101219_1045~01.JPG

集積所まで持っていかなければならない。

面倒なものだから、ついためてしまう。

紙の資源だけは、月に一度回収業者がまわって

来るので、家の前に置いておく。

今回は量がかなりあったので、

トイレットペーパーもたくさんいただいた。

楽ちんで得をして、町には申し訳ないけど

紙の資源だけは、回収業者に出している。





posted by 三春のおかみさん at 00:00| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

EM発酵液のガスでボトル変形

冬はEM米のとぎ汁発酵液が寒いためにEMボトル.JPG

なかなか発酵しない。

ずいぶん前に作ったボトルだが、

なかなか発酵しないので忘れていた。

ボトルが傾斜していたので、何だろうと思い

底を見たら変形していた。

発酵のガスの威力はすごい。

もう少しで破裂するところだった。EMボトルそこ.JPG

危なかった。

EM米のとぎ汁発酵液も、夏は生ごみの臭い消しなどで

たくさん利用するが、

冬は主にお風呂と食器洗浄機ぐらいだ。





posted by 三春のおかみさん at 18:04| EM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

EMエコ石鹸を町内学校へ

三春町商工会女性部で作ったEMエコ石鹸を岩江小.JPG

町内の、幼稚園、小学校、中学校へ贈呈しました。

EMエコ石鹸を良くご存じの校長先生から

初めて聞いた先生までさまざまでした。

はじめて知った先生には詳しく説明して

理解していただきました。

喜んで使用していただければ幸いです。


EMエコ石鹸販売店

posted by 三春のおかみさん at 08:45| EM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

紙袋で紙資源の分別

ごみのなかで紙資源マークの包装資材がある。紙袋.JPG

紙の箱から包装紙など、大きさもまちまちだ。

それをストックする紙袋に取っ手があるが

素材が紙であればそのまま紙紐でしばり

紙袋丸ごと紙資源の出来上がり。

取っ手が紙以外であれば分別する。

テイッシュやラップの箱が結構多い。

取りだし口のフィルムや紙の刃

分別しなければならないが、手間を惜しまなければ

立派な再生紙となる。

紙刃は紙資源になりません。



テイッシュBOXを分別して資源にしよう
posted by 三春のおかみさん at 15:32| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

小学校で風呂敷実演

町内の小学校、4年生の担任の先生からB岩江小風呂敷講習(画像 003.jpg

依頼があり、風呂敷の実演をしました。

道徳の教科書に、日本に古くから伝わる文化

として風呂敷が紹介されています。

私たち、三春町商工会女性部はエコ活動として

風呂敷運動をしていたこともあり、

地域の協力者として授業のお手伝いを

しました。

皆さん真剣に聞いて下さり、父兄との実演も

楽しそうに数種類の包みを体験していました。

これからたくさん利用してください。








posted by 三春のおかみさん at 09:15| 風呂敷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする