2010年05月21日

筍ひめ皮エコ料理

筍の季節です。今年は豊作でたくさんいただきました。DSC01905.JPG

我が家は筍大好きで毎日でも飽きません。

レパートリーの中でひめかわを利用した料理が

あります。皆さんは皮をむく時、捨てているらしく

ここまで食べるのかと驚かれます。

一本の筍から、味噌汁(4人分)の具が充分取れます。

ひめ皮エコ料理DSC01912.JPG

@味噌汁

Aひめ皮親子丼(玉ねぎの代用)

B卵とじ

Cカニ玉

Dお浸し、サラダ

お試しください。

詳しくは下記をクリックして下さい。





★筍のゆで方(糠の使用は筍の鮮度による)

筍の皮を半分残し、先端を斜めに切って水からゆで

竹串が刺さったら、冷めるまでおきます。

冷めたら、水(皮があるため黒くなります)を取り換え

冷蔵庫へ。1日一回は水を取り換えること。

DSC01906.JPGDSC01907.JPGDSC01908.JPG

半分に切り、根元の方は普通の筍料理へ

先端のまわりに付いているのがひめ皮です。

くずさないようにそっとはがします。

DSC01909.JPGDSC01910.JPGDSC01911.JPG

右から5ミリ巾ぐらいに切ります。

固い皮は切らずに柔らかいひめ皮だけを切ります。

切ったひめ皮と捨てる固い皮を分離します。

DSC01912.JPG

筍の半身でこんなにひめ皮が食べられます。

捨てずに工夫して食べましょう。おいしいです。




posted by 三春のおかみさん at 21:24| Comment(0) | エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。