2009年01月19日

町民への分別徹底の仕方

ああpura.bmp三春町のプラ資源の回収袋です。2008-3-4 004.jpg

汚れているものはプラ表示があっても入れません。

きれいで乾いているものを焼却灰を再利用するための

燃料(フラフ)として、利用したいからです。

しかし、最近のプラ資源は状況が悪く、資源化や

燃料にならず、焼却するパーセンテージが多く2あ2008-3-4 018.jpg

なっているそうなのです。

数年前までは、ダイオキシン対策もあり、濡れて

いても、汚れていてもプラごみとして、扱っていたため

それが、現在の分別方法が浸透しない原因であろうと

思われます。町民への指導、広報が足らない結果です。



posted by 三春のおかみさん at 09:17| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする