2020年07月16日

密封醤油ボトルを分別してみた。

@.JPG

最後まで美味しくいただきました。





A.JPG
分別表示は
pra.jpg
  ボトル
  キャップ
      ラベル



B.JPG

使用後キャップを外す前にラベルをここからはがせます。





C.JPG
はがしました。






D.JPG
使用後回収に出すときに、洗浄が必要な場合、キャップを右方向にひねってください。

使用中に開けられないように、逆ネジで設計されている。



E.JPG

分解終了





F.JPG

ボトルに醤油が少し残っている。





G.JPG

水洗いして、ボトルとラベルはプラ資源。
キャップは三春町の場合は燃えるゴミ。




空気に触れないお醤油がとても美味しい事は知っていたが、

それは製造者の特権と思っていた。

ボトルの開発でお醤油の美味しさを知ることになり、

お寿司やお刺身を食べる時に欠かせない。











posted by 三春のおかみさん at 21:37| Comment(0) | 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

梅シロップが完成しました。

梅シロップ001.JPG

6月20日に青梅と氷砂糖、各250グラムをコーヒーの

空き瓶に入れて毎日シャカシャカしていた。

梅シロップ002.JPG

梅もかなりしぼみ、完成しました

今は無色透明ですが時間経過とともに色が付きます。


孫に送った梅シロップも完成しているだろうか。

昨年までは勝手に送っていたが

今年は孫の意思を尊重するため

本人たちに聞いてみた。

全員から、「やってみる」と返事あり。

梅の季節の祖母のお楽しみです。



posted by 三春のおかみさん at 10:35| Comment(0) | エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

コーヒー・ジャムの空き容器で梅シロップ作り

今年は梅が豊作です。

我が家の梅も大きくなりました。

梅酒や梅シロップ作りの季節です。

梅酒は仕込めば、後は時間がたつのを待つだけ。

しかし梅シロップは毎日シャカシャカと容器を振らなければならない。

3歳から8歳の孫が4人いるので、一人分ずつおもちゃ代わりにプレゼント

出来上がるまでは蓋を開けないことがお約束。

守れるだろうか。楽しみ。

我が家でも冷凍梅との比較をするため4個を準備。

孫と同じものが手元にあると時間経過の様子が分かるので楽しい。

梅シロップ.JPG




posted by 三春のおかみさん at 15:46| Comment(0) | エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

今年の竹林  筍が豊作です

DSC01144.JPG

今年は筍が豊作です。掘らなければ竹が成長してしまう。

DSC01161.JPG

今日は友人が来てくれて筍ほり。皮を剥いてお持ち帰り。

DSC01163.JPG

捨てる筍と剥いた皮は、竹枠の中へ捨てる。

微生物のおかげで伐採した竹の葉が早く土にかえる。


筍は冷凍と瓶詰めで保存。ひめかわがとても美味しい。

タケノコ ヒメカワ捨てずに保存

詳しくはこちらをご覧下さい。

posted by 三春のおかみさん at 18:48| Comment(0) | 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

三春町から2度目の雑紙(ざつがみ)回収袋が配布

三春町から2度目の雑紙(ざつがみ)回収袋が配布された。DSC01044.JPG

1回目の袋は、ひもで縛って、資源ゴミとして出すことにする。

今回の回収袋には、雑紙にならない種類など、より詳しく

わかるようにイラストで記載されている。

前回の文章での説明よりもわかりやすい。DSC01045.JPG










posted by 三春のおかみさん at 00:15| Comment(0) | エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

冬のお楽しみ 冷凍ミニトマトのレモンシロップ漬け

夏の家庭菜園のミニトマトはたくさん収穫できます。DSC01043.JPG

食べきれないミニトマトは冷凍庫で保存し

季節外れにレモンシロップ漬けにします。

ミニトマトの皮は、冷凍することでツルンと簡単にむけます。

解凍の過程でレモンシロップを吸収し、

芯まで味が染みてとても美味しいです。DSC05675.JPG

火を使わないエコ料理です。夏のミニトマトを

無駄にすることなく美味しく食べる事ができます。




DSC05676.JPG








DSC05677.JPG





posted by 三春のおかみさん at 00:26| Comment(0) | エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

封筒の再利用

県からの郵便を受け取る。DSC00963.JPG

内容を確認して

封筒を資源として捨てようとしたら、

下の部分が封筒になっていた。

ハサミで切り取るだけで、のりなどは必要ない。

手軽にできるのがすばらしい。

残りの部分は紙資源にする。DSC00964.JPG










posted by 三春のおかみさん at 11:20| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

三春町の雑がみ回収袋

雑紙回収袋.JPG
三春町から5月に配布された雑がみ回収袋に

紙資源を入れてきた。

三春町広報には燃えるゴミに混在している封筒や

はがきなどを入れるように記載されているが

個人情報もあるので、ハサミで該当部を

切り落とすのは面倒だ。

窓枠付きの封筒は、グラシン紙使用は資源になるが

透明フィルムの場合は切り落とさなければならない。

結果的に、テイッシュの箱(取り出し部のフィルムは取り除く)や

紙の包装類が多くなる。

5月から9月までの4〜5ヶ月でほぼ満杯。

この回収袋を資源回収に出した後は、

以前から実行している紙袋に入れることにする。



posted by 三春のおかみさん at 15:06| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

A4雑紙のひも

A4のコピー用紙の箱が空いたのでDSC00258.JPG

あらかじめひもを用意しておけば

楽かと思い実行してみた。

箱いっぱいになったのでひもを引き

縛り、箱から抜く。

何と楽なことか。DSC00259.JPG

揃えなくても綺麗な仕上がりだ。






posted by 三春のおかみさん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

竹林の古い処分枠の再生

数年前に製作した竹の葉の処分枠を再生することにした。
@.JPG







囲っていた古い竹を外し
A.JPG







古い竹を今年製作した処分枠の中へ
B.JPG







囲っていた古い竹を外したら朽ちた竹の葉が現れた。
C.JPG










posted by 三春のおかみさん at 23:48| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

三春町で雑紙用の紙袋を全戸配布

紙マークのある雑紙(ざつがみ)をDSC00132.JPG

リサイクルへ出す時は、紙袋(取っ手も紙)に入れて

紙のひもで束ねて出していた。

今回、三春町広報で周知された方法は

紙袋へ入れて中身が出ないように紐か

ガムテープで止めるよう記載されている。

そして今月、雑紙用の袋が配布された。DSC00094.JPG

至れり尽くせりで感謝。

少し心配なのは、リサイクル出来ない紙マーク

の認識が難しいこと。

紙のリサイクル、頑張ろう。



2011年5月貝山でのトラブルを思い出した。これで焼却ゴミから紙資源に。

posted by 三春のおかみさん at 20:46| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

材料の切り出し

枠を作るための材料を切り出す。竹切り.JPG

切り倒すと想像より、かなり長い。

定尺に切り、杭も準備。

先端の葉は処分。

竹の切り出し.JPG







材料.JPG











posted by 三春のおかみさん at 00:00| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

竹処分枠を解体し再作成します。

2015年.JPG







数年前の竹処分枠の様子
2016年.JPG







昨年、中央に竹が出てきた。竹の成長のスピードに驚く。
2017.JPG







今年、この処分枠が朽ちてきたので解体し再作成します。





posted by 三春のおかみさん at 20:16| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

竹やぶを伐採

手付かずの竹やぶを整理した。伐採前.JPG

かなりの作業量なので、近所の奥様が手伝ってくれた。

おかげで、とてもきれいに整理できた。

竹を切ることはできるが、伐採した竹の処理が悩ましい。

とりあえず2ケ所にまとめて置いた。                       伐採前伐採後.JPG








                                             伐採後



posted by 三春のおかみさん at 21:18| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする