2017年04月25日

竹やぶを伐採

手付かずの竹やぶを整理した。伐採前.JPG

かなりの作業量なので、近所の奥様が手伝ってくれた。

おかげで、とてもきれいに整理できた。

竹を切ることはできるが、伐採した竹の処理が悩ましい。

とりあえず2ケ所にまとめて置いた。                       伐採前伐採後.JPG








                                             伐採後



posted by 三春のおかみさん at 21:18| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

タケノコ出ました!

本日、筍を見つけました。DSC00049.JPG

昨年より、10日ぐらい遅い。

やっと筍料理が作れる。

ヒメカワが美味しい。

筍ヒメカワのエコ料理
筍ヒメカワの保存法
posted by 三春のおかみさん at 21:54| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

新しい処分枠が完成しました。

美味しいタケノコを食べるためには竹林の手入れが必須だ。枠を新しく.JPG

今までの処分用の枠が腐ちてきたので、今年新しい竹で

外側に新しい枠を作った。

太い竹は重いし加工も大変だ。

タケヤブにならないよに竹林のエコ活動を続けている。DSC00001.JPG







DSC00006.JPG









posted by 三春のおかみさん at 21:13| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

醤油密封ボトルの分別

友人から頂いた、密封ボトルの醤油を使い切った。醤油ボトル.JPG

最後の一滴まで新鮮に味わえる容器がすごい。

分別表示は           
pra.jpg   ボトル
   キャップ
   ラベル

底を見るとわずかに残っている。そこに残る.JPG

洗浄が必要な場合、キャップを右方向にひねって下さい。

と説明書きがあった。キャップは焼却ゴミなので分離する。

洗浄する前に残量をお皿に出した

構造に興味があったのでハサミで切ってみた。DSC08215.JPG

ふーん良く分からない。

三春町はキャップや汚れが取れなかったプラスチック類

は焼却ゴミなので、ボトルだけ洗浄してプラ資源にする。

きれいなプラ資源はフラフとして燃料になる。DSC08218.JPG

三春町はフラフが不足しています。










posted by 三春のおかみさん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

落ちてくる完熟梅をデザートに

青梅の梅酒、そして梅干の仕込みが終了したが完熟梅.JPG

完熟梅が毎日落ちてくる。

ゴミにするのはもったいないので

甘く煮て、夏のデザートを作ることにした。

ヨーグルトに入れたり、ゼリーにしたり梅砂糖煮.JPG

梅のデザートは、暑い夏にぴったり。





ゼリー.JPG


posted by 三春のおかみさん at 22:06| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

青梅作業終了後のゴミの分別

青梅の作業が終了した。梅酒びん.bmp

今年の我が家の青梅は豊作で

たくさんの梅酒が準備できた。

*作業終了後のゴミの分別*

本体         紙パック
キャップ・中栓
外装フィルム     プラ
 

と記載されている。DSC08063.JPG

しかし、お酒の紙パックはアルミコーティングされているので

牛乳パックと違い、資源にならない。

わが町の分別は、

本体・キャップ    焼却ゴミ
中栓・外装フィルム  プラ
DSC08064.JPG

となる。




posted by 三春のおかみさん at 12:55| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

コーヒーガラス容器の再利用

最近、インスタントコーヒーの詰め替えがDSC08047.JPG

販売されて、ゴミが出ない工夫がされている。

しかし一部のガラス容器はゴミになる。

我が家の青梅が収穫時期になったので

梅酒容器として再利用することにした。

この容器だと、砂糖の量を変えられるのでDSC08049.JPG

ベストの味のレシピが判明する。

出来上がりが楽しみ。








posted by 三春のおかみさん at 15:09| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

紙の卵トレーの分別

友人に卵を頂いた。紙の卵ケース.JPG

紙の卵容器で中には温泉卵。

おいいそう。ごちそうさま。

フタの開閉部に型押しのマークが2つ。

紙のリサイクルマークはおなじみだが

もう一つのハートの形は、なんだろう。紙卵トレー.JPG

調べてみたら、紙容器を製造している

会社のロゴマークだった。

ハートではなく、会社名のMのデザインマーク。

可愛い。

日本モウルドーロゴ.JPG

posted by 三春のおかみさん at 13:31| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

A4コピー用紙の箱の利用

A4コピー用紙の入っていたダンボールが空いた。A4箱利用.JPG

ダンボールのリサイクルに出そうかと思ったが、

これを利用して雑紙(ざつがみ)をストックする

ことにした。

ミスコピーや色々な雑紙は、大きさがさまざまで

そろえるのに面倒だった。

最初にまとめるための紐を入れておけば、リサイクルに

出す時に縛って持ち上げれば、揃える手間が省けて非常に便利。




posted by 三春のおかみさん at 20:15| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

竹林のエコ活動

竹林を維持・管理するためには枯れた竹の処分や竹林002.JPG

適当な密度を保つために、竹を伐採しなければ

ならない。

廃棄する竹は現場で、処理するしかないため

枝落としや定尺に竹を切る作業が欠かせない。

ゴミをコンパクトに処理するため、

現場で手に入る材料で、

処理用の竹枠を作り、そこに廃棄し

自然に戻るように心がけている。


posted by 三春のおかみさん at 10:34| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

タケノコの収穫

毎年、美味しい筍を食べるためには竹林作品.JPG

竹林の管理・維持が欠かせない。

毎年の手入れのおかげで

今年も美味しい筍を食べることができた。

食べきれない分は、冷凍や瓶詰めで保存した。

今年は、非常に豊作で4月10日から5月末まで

かなりの量を収穫した。

春のめぐみに感謝。



posted by 三春のおかみさん at 10:24| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

タケノコ ひめかわ 捨てずに保存

DSC05019.JPGタケノコはこの時期にたくさん採れるが、

すべて食べつくすのは不可能だ。

ゆでてから部位ごとに冷凍したり

瓶ずめで保存している。




DSC05022.JPGしかし、穂先のまわりのひめかわは、

冷凍すると柔らかくなりすぎて

食感が非常に悪い。

ひめかわは、瓶ずめ保存しかできないので

今年は多めに保存した。

我が家はひめかわの味噌汁、親子丼、梅肉和えが大好き。

季節外れに楽しめそうだ。


1本のタケノコからかなりの量のひめかわがとれます。
捨てずにおいしく食べましょう。

たけのこ姫皮の切り方















posted by 三春のおかみさん at 14:14| 竹林のエコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

絵とうろう祭り開催

8月15日と8月16日に絵とうろう祭りが開催されました。絵とうろう碑前.JPG

三春町立小学校の皆さんが描いた可愛い絵とうろうが

大町商店街と桜川沿いに並びました。

牛乳パックとは思えないほどきれいです。

今年は秋田の関係者からもたくさんのとうろうを

いただきました。

河川改修の関係で百杯宴の碑の前は立ち入り禁止とし

とうろうだけを並べました。絵とうろう全景.JPG

あいにくの雨で、消えてしまったとうろうがありますが

それでも素晴らしい明かりでした。

三春町立小学校の皆さん、ボランテイアで並べてくれた

田村高校の女子生徒の皆さん、本当にお世話に

なりました。






 *
posted by 三春のおかみさん at 13:55| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

フラフが不足しています。

フラフ.bmp








三春町の広報8月号にフラフが不足しています。

の記載があった。

これを読んだ町民はどんな行動をするだろう。

@フラフの意味がわからない人は、記事を読まない。

A汚れたままプラごみに入れていた人は、洗って乾かすようになる。

B面倒で焼却ゴミにしていた人は、洗って乾かし、プラごみにする。

こんなところか。いや、そうではない。

3年間のプラごみの量の推移をみるとかなり減少している。

ということは、洗って乾かす手間が面倒で焼却ゴミにしている人が多くなった

と想像できる。私もその一人だから。

もっと問題なのは、39%のプラごみが、汚れてフラフにならない事実だ。

この数字をもっとアピールし、自分が分別しているプラごみは

フラフとして合格なのか、不合格で燃やされてしまうのか、認識する必要がある。

プラごみを出しているほとんどの人は合格だと思っているに違いない。

ではどうするか。

他町村のプラごみは○○%がフラフとして利用できますが、

三春町は61%しか利用できません。もう一度捨てる前に確認しましょう!


これでどうだろう。100点だと思って分別している人の心に響くと思うのです。

1あ2008-3-4 018.jpg


フラフとして利用するためのプラゴミ分別法







posted by 三春のおかみさん at 09:08| 資源の分別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

牛乳パックで絵とうろう準備

今年の絵とうろう祭りは、三春町内の小学生にDSC03935.JPG

絵を描いてもらうことになりました。

その材料を作るため、田村高校の生徒さんに

ボランテイアで協力していただきました。

暑い中、皆さんありがとうございます。

現在、各小学校で絵付け作業中と思います。

可愛い絵が出来上がるのが楽しみです。








posted by 三春のおかみさん at 09:06| エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする